介護サービスについて

介護サービスとは、介護保険で受けられる介護に関するサービスを総称していいますが、介護保険法という法律に従った介護保険を利用する事で、初めてサービス受ける事ができるようになります。

また、実際にサービスを利用される方は、一般的に利用者と呼ばれ(以下利用者とします。)利用者が介護サービスを利用するには、国の市町村へ所定の書類をやりとりして、介護認定という認定を受けなければなりません。

ちなみに介護認定が降りると、利用者(利用者の代理人含む)は直接、実際のサービスを行う事業所と契約を結んで受けることになります。(平成23年10月時点)また、この契約を行うためには、国が直接行う包括センターというところや、市町村、または居宅支援所というところを介する事が基本となりますので、この場でご承知おきください。

介護サービスの種類

介護サービスは大きく二つの種類に分かれています。 ひとつは、自分の家に住みながら受けられる在宅サービス(居宅サービスや、訪問介護などとも呼ばれるもので、当事業所が行うサービスもこの位置付けとなります。)もうひとつは、特別養護老人ホームなどの施設に入って受けるサービス(一般に通所サービスやデイサービスと呼ばれるもの)です。

このように大きく2個に分かれるサービスが介護サービスですが、色々とある介護サービスのなかから、利用者が受けたいサービスをいくつか自由に選んで、自由に組み合わせてサービスを受けるというのも大きな特徴でもあります。

介護サービスの種類
在宅サービス 訪問介護 訪問看護 訪問入浴介護など
施設サービス 介護老人福祉施設 介護老人保健施設 介護療養型医療施設など

介護サービスはどうやってうけるのか?

介護サービスは、もちろん受けれる対象者が決まっていて、その対象者が受けれる事になりますので、詳しくは私達へご相談くだされば、しっかりとご説明させて頂きます。

※ 平日お昼から夕方頃でしたら、すぐに対応させて頂きます